気分は焼肉?「門司笑」店長ブログ

伊里牛専門店「門司笑」店長の日常を綴ったブログです

虫の知らせ

bed30369.jpg11月2日

私の耳に痛みが走った時が「虫の知らせ」だったのでしょうか。

11月2日にお亡くなりになったのを知り、目に見えない何かをまた体感する事になりました。

昨夜まで耳の痛みで毎晩眠れず、今日その連絡を受けた後、今までにない激痛、病院で再切開「これでダメなら入院してしっかり治療しましょう」との事。

今は痛みもかなり和らいでます。

実感できずにいます。
通夜では涙も出ませんでした。
現実を受け止めてないようです。

「おー、がんちゃん。今大丈夫かね。あんたちょっとお願いがあるんやけどさぁ・・・」
と電話がかかってきそうで。

4年前、焼肉屋で食事会の予約を頂き、大変盛り上がりまして私も参加させて頂き「火曜会」という会ができました。そのメンバー
の皆様から可愛がって頂き、私の現在があります。

レストランの開設、運営、旅行会社の紹介、セールス同行など、ずっと面倒を見て頂いてました。

私はまだまだ力不足、教えを頂き、一緒にいろんな地域に関門観光誘致に行きたかったです。

受けたご恩は私に縁ある皆様に渡していきます。

私がそちらに逝った時は、またお供させてくださいね。 だからと言って、せっかちだから呼んじゃダメですよ。
私はまだまだやりたい事がたくさんありますからね!

今頃になって感情が込み上げてきました(泣)

ありがとうございました!
本当にお世話になりました!

できる事ならもう一度お会いしたいなぁ・・・

スタッフ募集中です!

69b645cf.jpgシェアお願い致しますm(__)m

いよいよ!ランチ再開!??

レストランオープンと妻の出産、育児の為、ランチを休んでおりましたが、レストランの方針転換に合わせて焼肉屋でランチを再開予定です。

その為、スタッフさんを募集します!
平日11時~14時のランチ営業を含む、
9時から1430までの間で働ける方を募集します。

レストランはお昼の団体予約で毎月の半分以上が貸切状態となっており「せっかくご来店頂いたのに入れない」というお話と、外国人スタッフが多くなり、日本人観光客の方にきちんと対応ができてない現状を踏まえて、レストランは「外国人スタッフが働きやすい職場環境」を作る為「レストランは団体客と外国人」「焼肉屋は日本人」という、方針を立てました。

特に金曜日の夜、土日祝日は日本初!「日本語禁止レストラン」としてホールスタッフは全員外国人!!(タッチパネルはあります)

皆様どうぞ「日本語禁止レストラン」にチャレンジしてください!外国人スタッフが「罰金箱」を持って回ります(笑)
回収した罰金で食事代にしたり、頑張る外国人スタッフ留学生のチップにしたり(*´∀`)

面白いでしょ!?
やってみる事でいろんな事がわかります!

是非ご紹介をよろしくお願い致しますm(__)m

久々の新作メニュー!!

3997c745.jpg
3be3e013.jpg
新メニュー!!

伊萬里牛「サーロインスライス」
1枚目1800円
2枚目以降1500円

焼肉はみんなを笑顔にする事ができる!
と私は思っております。

あの人に元気になってほしいなぁ・・・
そんな時は「焼肉!」

そんな人にこそ、この商品!
最初注文して「一口で」食べてください!

「・・・うまーーーーーーい!(*´∀`)」

1発で笑顔になります!!!

会心のメニューです!

是非門司笑にご来店ください!

お盆は休まず営業してます。
1730からの営業です
ご予約は093-331-5171まで
皆様のご来店をお待ちしております!

韓国AGT

87d316bc.jpg
512afb6a.jpg
関門地区が目指していた「観光まちづくり」が釜山にありました。

韓国AGTのご報告です。

海外セールスに行った時はFBに動向を書いてきましたが、今回は関門が目指そうとした「まち」そのものを見てきた感じです。

何と言っても2週間前に松島(ソンド)にオープンした海の上のロープーウェイ!その下のシーウォークロード。まるでハワイのような雰囲気!(だそうです)私はハワイに行ったことがないので。

火の山とめかりを結ぶロープーウェイが昔話でありましたね。まさにそれが目の前にありました。

2枚目の写真は釜山の写真です。これって海峡ドラマシップとめかりと関門橋を合わせた合成写真かと思いました。関門にもその素材があると思わせるこの写真は、釜山の若い芸術家の皆様が我が作品を持ち寄って販売しているチャレンジショップです。
釜山は、観光地の目玉の1つとして活かしてる「すばらしい!」としか表現できません。
門司港にも芸術家たちの施設がありますよね。

そしてカジノ。

賛否両論のカジノですが、韓国にあって「韓国人入場禁止」この徹底ぶり。これこそ観光地の定義だなと思います。「風紀」が乱れるようなイメージを持たれてる方もいますが「格式」が正しい表現だと私は思います。

観光地にあって門司港にないもの

フリーWi-Fi
両替業者
マッサージ業者
夜のにぎわい
多国語表示看板
観光客相手の元気なおばちゃん

そんな中、山口県や下関市は観光政策を打ち出してます。

山口県
14カ国対応、24時間365日電話でインフォメーション(総合案内)
アプリで観光地検索

中国・四国地方高速道路フリーパス
3日6000円
10日13000円

インバウンド向けドライブマップ&ドライブコース作成

観光助成金
インバウンド下関市宿泊500円と観光地入園料500円

毎週末土曜日ぐるっと夜景バス
ご宿泊の方に無料で乗れます

下関市日帰り温泉オープン「和楽の湯」団体、インバウンド対応
毎週土曜日、下関駅、新下関駅から無料で角島大橋に行くプラン

観光日本遺産.関門ノスタルジック海峡の名の元にいろんなプランを旅行代理店にPRされてました。

門司港にも観光資源が多くあります。その活かし方は「連携」にあると私は思います。

観光地域としての受け入れ体制
宿泊施設との連携と話し合い
団体客と個人客、それぞれのプランニングと情報発信。

門司港が「観光まちづくり」を唱うなら、もう一度1から考え直さないといけない時期に既に入ってます。観光資源の活かし方はそれぞれ違う、その中で、過去を否定せず、他人を批判せず、チャレンジする人を応援できるまちづくり団体が必要です。
一年の内、イベントが毎週末、ロングバケーションで行われても、それより平日の方が日数が多いのです。観光まちづくりが目指すべき所は「日常のにぎわい」です。

今の門司港は着地型の観光まちづくりの考え方ですが、既に発地型の観光地になっている事を皆様が理解する所から始めないといけない。

わかりやすい例えが中国のクルーズ船であり、インバウンドです。国内外の旅行社や代理店が門司港に向けた旅行商品を作ってくれています。それは観光事業の企業と行政の営業努力です。その中で観光客受け入れる人、受け入れない人が共存できるような工夫が必要なのです。観光まちづくり団体はその統制の役割を求められている事に早く気付き変わらないといけません。

私がやろうとしている事に是非FBの皆様のご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

最後に

情を大切にする釜山の方々は、乾杯を何度も繰り返します。「情」の漢字が入った品物が売れますよ!(これ有料情報です!)

今回のAGTは「情」が最大のお土産です。
全さんありがとうございます!

長文失礼しました。

初韓国

81c307ce.jpg(チャル)プッタハムニダ
「よろしくお願いします」
この単語1つ覚えていれば何とかなるそうです(笑)

初韓国!

ソウルAGTの初日は大雨

来なければわからない現地のお話「そうなんですねー!」のご紹介。

就職難

韓国では大学院まで行かないと良い会社に入れない、と言われているようです。所謂「買い手市場」で受験で一喜一憂する国の延長上に就職も一喜一憂しているようです。
国外から韓国に留学して韓国で就職しようとしている方が身近にいらっしゃるならお伝えください。「韓国の就職事情は現在相当ハードルが高いです!学生の間に留学するのはオススメできないそうです。日本で大学までは出た方がよいです!更に英語必須です!」

儒教文化

もしよい会社に入っても「年上を敬う」文化についていける?
例えばお昼御飯は社員全員、部員、課員で必ず食べる日があるそうです。(そういう会社が多々あるそうで回数は会社によって違う)食べる料理は上司が決める。上司の命令は絶対。家族は尚更。義母の命令は絶対!?今の日本人の若者には理解できない世界かもしれませんね。

物価が高い

ソウルのトイレットペーパー30ロール1700円(日本では12ロールで300円くらい?)
日本でよく見るロッテのマカダミアナッツ400円(日本は200円)
安いのはタクシー位だそうです。

朝鮮の動きをイチイチ気にしない

本気ならとっくに撃ち込んでるやろ?
日本より先にソウルじゃないの?
そんな感じの方が多いようです。

日本の商品は良いものが多いの知ってるよ。

だって日本がスキダカラー。行きたい若者多いです。できるなら団体旅行より個人旅行で行きたい。なんなら日本で働くよー!働けるならね!ハングリーな若者多し。なんせお国は就職難。だけど終戦記念日はデモに参加します!
理由?はお国柄ですから。

ちなみに日本に来る訪日外国人、台湾を抜いて韓国は二位になりました!

明日もソウルでAGT,夕方に釜山移動します。
この年になっても勉強できる事、いろんな方々に出会える事に感謝して、私の感じた事を皆様にもお裾分けしていきます!
店舗サイトへ
門司笑へ
ブログランキングへ
livedoor 天気
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ